松戸市の行政書士山田涼太事務所

【法人】定款の電子定款化・電子署名【株式会社・合同会社】

【法人】定款の電子定款化・電子署名【株式会社・合同会社】

事業の法人成りをしたい人

事業も軌道に乗って安定してきて、そろそろ個人事業主から法人成りを考え中。
いろいろネットで調べると、定款はPDFに電子署名をした「電子定款」ってタイプにするとお得らしい…

定款は役場で相談して、内容がバッチリな完成した状態の定款があるんだけど、電子定款化はどこで頼めていくらくらいかかるんだろう?

こんな疑問をお持ちの方にお答えします。

最大のメリット:4万円の印紙が不要

まず電子定款で法人設立をする最大のメリットは、通常の定款では必要な4万円の印紙が不要となることです。
印紙は「紙」の定款には貼る義務がありますが、電子定款には物理的に貼れませんし、義務もないからです。

公証役場でも電子定款についての案内などされているように、公に認められたコスト削減方法ですので「なにか脱法的なズルい事なんじゃ…」と心配だった方も、どうぞご安心ください。

考えてみてください

大事な事業資金、効率的に使いたいですよね?
4万円の印紙が不要なら、その浮いた資金で商品の宣材写真をプロカメラマンに依頼したり、A4両面カラーのチラシが数万枚印刷できます。

貴重な資金だからこそ、節約できる部分はしっかり節約しましょう。

おまかせください。

千葉県松戸市の行政書士 山田涼太事務所では、定款の電子定款化・電子署名・定款認証代行が可能です。

株式会社の場合の報酬(税込)

電子定款化・電子署名(公証役場へはご自身で行くパターン)11,000円
電子定款化・電子署名・定款認証代行(公証役場へも当事務所対応パターン)22,000円
認証代行込みの場合は別途、実費として役場への定款認証手数料50,000円+同一情報の提供手数料5,000円前後

合同会社の場合の報酬(税込)

電子定款化・電子署名11,000円
合同会社の場合は定款認証はありませんので、株式会社の場合必要な認証手数料も不要

ですので、どちらの場合でも浮いた4万円から報酬を引いて20,000~30,000円前後はプラスになる計算ですね。

定款の作成からをご希望の方はこちら

株式会社の定款認証手続き代行に必要なもの

  • 発起人全員の印鑑証明書(発行から3か月以内の原本)
  • 発起人全員の実印で押印+捨て印した委任状を1ページ目にして定款と綴ったものに、発起人全員の実印で全ページに割印(または袋とじにして表裏に契印)
  • 認証費用実費55,000円前後
  • 空のCD-R・USBメモリなど(役場によって対応違うので要確認)

定款認証手続き代行の対応地域

  • 千葉(全域)
  • 東京(全域)
  • 埼玉(全域)
  • 茨城(全域)

当事務所に依頼する3つのメリット

  • 柔軟 … 定型的なご依頼や営業時間にこだわらず柔軟に対応
  • 迅速 … 個人事務所の強みをいかしたスピーディな業務遂行
  • 丁寧 … 接客業に長く従事した接客好きな代表の丁寧な対応

当事務所代表、山田は古物商としての精力的に活動しております。
将来的には法人成りを目標としているため、法人設立に関わる業務にはとくに熱量を持っています。
だからこそ印紙代の節約というメリットはもちろん、時間も貴重な経営資源だと理解しております。

定款の電子化や定款認証は行政書士などにまかせ、ご依頼者様にしかでしかできない「価値の創造」に集中していただけることは、ご依頼者にとっても大きな利益につながるものと思います。

ぜひ定款の電子定款化・電子署名・定款認証代行のサポートは行政書士山田涼太事務所におまかせください。

問い合わせてみる